2006年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【EDIT】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2006.10/13 (Fri)

言葉

言葉を覚えはじめって本当に可愛い。
エレナは最近色々言葉を覚えて
一生懸命話してます。

「ちょっと!お~~~い!」」など
「こっち!!!」と手で動かして呼んだり
「いこーー」
って誘ったりします。

ずいぶんお姉さんになって感動しちゃってます。
セイナの写真を撮ろうと携帯を持つと
自分も撮ってほしいらしく寄ってきます。

仲良しで撮ったつもりがなかなかうまくいきません~
200610160256000.jpg


ミルクを飲んでご機嫌?なセイナです。
↓↓

P1010084.jpg


ミルクの量を100mlにしたら結構熟睡するようになりました。
やっぱり足りなかったのかな?
スポンサーサイト
【EDIT】 |  03:37 |  エレナのコト  | TB(0)  | CM(8) | Top↑

2006.10/12 (Thu)

よく泣く??

退院した昨日は、本当にグッスリだったセイナ。
だけど今日はよく泣きます。

エレナが全然手のかからない子で
出産後も新生児の時も平気で
8時間とか寝る子だったので睡眠不足で
悩んだこともほとんど無かったけど
セイナはミルクをあげても泣いてます。

足りないのかな?
病院では60mlあげてたので我が家では80mlあげてるけど
全部飲んでしまってまだ口がパクパク?

セイナは予定日より1週間も遅く産まれて来てるし
入院中もやはり予定日、又は予定日前に産まれてる子に比べ
体も大きいし、しっかりしてる。
ミルクの量を予定日前に生まれてきた子と一緒って言うのも
少ないかもしれない。

紀子さまと私は予定日が1日違いで
しかも私の方が先立ったけど、
予定帝王切開だった紀子さまは9月6日出産されたけど
予定日超過7日目に産まれて来たセイナは
10月3日に出産。

予定日は1日違いなのに誕生日は約1ヵ月離れてる。
生後1ヶ月になってる紀子さまのお子様に60mlは
少ないだろう・・
そんな感じでセイナも少ない気がするので
増やしてみることにした。

エレナが1ヵ月母乳と混合でミルクに変更しちゃったから
今度は絶対母乳で…と思ってたけど
二人目のほうが難しい…

母乳は、1人目ほど胸も張らずに
フニュフニャでもいっぱい出るけど
ミルクには、まだかなわない。
根気強く1ヵ月くらい頑張って母乳で頑張れば
ミルクくらい出るだろうけど、
腹持ちがミルクに比べて少ないし、
出た量が分からないので
足りなくてすぐ泣いて…となれば
ずっとセイナを抱っこしてなくてはいけない。

エレナが寂しそうにテレビを見て
セイナに母乳をあげおわるのを待ってるが、
足りないのか1時間ぐらいでまた泣いて
すぐ抱っこしてオッパイ・・・
ってやってるので本当セイナに付きっ切り状態で
エレナが可愛そう。
だからどうしても早めに母乳をやめて
ミルクをあげてしまう。
搾乳機などで絞ればまた違うのかな…

目覚まし時計のように3時間後に起きるので
熟睡は出来ないな~。


【EDIT】 |  03:26 |  セイナのこと  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2006.10/11 (Wed)

入院10日目(退院)

入院10日目

今日は朝から診察でドキドキ・・・
無事に傷の具合もよく退院できるかしら・・・

先生に内診してもらい、傷口を見る。
「大丈夫そうだね、いいよ、退院。ただ一部分だけ少しグチュグチュしてるから
テープを3日分出しとくね。3日消毒して貼ってくれればもう大丈夫だよ」
その言葉に安心。

ついに退院か~~♪♪

朝の授乳の後、母乳相談室で色々説明を受けて
早い人は朝9時に退院。
ひろちんが午前中仕事を休んで病院まで迎えに来てくれる。
一人で退院しようと思ってたけど、よく考えたら私お金持ってない...
どうやって退院するつもりだったのか恥ずかしくなる。。。

ひろちんは9時過ぎには到着したけど、
大変!!!
昨日ひろちんが荷物を大量に持って帰ったが
その中に今日退院する時に着る私の服も
持って帰ってしまったようだ!
服が無いので浴衣で退院??
それは無いだろう・・・
ひろちんに言うと
「マジかよ」
とブツブツ言いながら服を取りに行ってくれた。
しかもセイナの肌着も持って帰ってしまってたので
持ってきてもらう。
ひろママに買ってもらってた桂由美のセレモニードレスを着て
退院です。

看護士さんが下までセイナを連れてきてくれたけど
おくるみにはくるまず、
「とっても素敵なドレスだからこのまま連れてきました~」
と言って受付の場所へ。

周りの妊婦さんが皆セイナに注目。
「可愛い~~」など声がたくさん聞こえてくる。
可愛いのはドレスでしょうが。。。

そして家までひろちんに送ってもらい、
ひろちんはそのまま仕事へ。
エレナは母に預かってもらってたので
今のうちに・・・と部屋を片付ける。
本当は帰宅して3週間はゆっくりするはずが
あまりの汚さに結局、掃除、洗濯等
バタバタ片付けてはじめて座ったのは帰宅して
4時間後・・・
腰が痛くてフラフラしてきた。
休まなくては・・・と思いつつなかなかうまくいかない。

そしてエレナを連れて母が家へ来る。

今日から誰にも迷惑かけず普通の暮らしが出来るんだと
長かった退院期間を思い出し、
本当入院前は、今日と言う日を待っていたナと感じました。
無事におなかの赤ちゃんも退院です^^

エレナはやきもちやくかな~?と思ったら
とても役立つお姉さん?です。

赤ちゃんが可愛いらしく、ずっと「イイコイイコ」と
頭をなでてあげてます。
ミルクもエレナがセイナにあげたがるし、
ハイローチェアで寝てる時になるらしく
何度も覗きに行ってニコニコ嬉しそうなエレナ。

P1010081.jpg



毛布が落ちそうになってたら慌ててセイナのところまで
走っていってちゃんと布団もかけてくれます。
ミルクをのませながらスタイで口を拭いてまた飲ませて・・・
と、ちゃんと大人のやる事見てるのね・・・

いつまで続くか分からないけど
今は抱きしめたりチューしたり可愛くて仕方が無い様子です。

P1010080.jpg

【EDIT】 |  03:23 |  二人目妊娠記録  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2006.10/10 (Tue)

入院9日目

入院9日目

今日も朝から診察。
昨日から始まった薬の服用が原因か
少しおなかがキリキリする。

結構痛くて傷の痛みなのか、
子宮収縮の痛みなのか
少し心配。

朝から傷の消毒をしてドキドキしながら
先生に退院のことを聞いてみる。
エレナを見てくれる人も
ひろちんは今日までで、
母も明日休みを取るのが
やっとなので、一日早めてくれるか聞いてみる。

すると
「う~~ん、明日の傷の状態による。
まぁ大丈夫でしょう」
との事。

そして朝ごはんを食べて授乳に向かう。
その後、明日退院の人と今日退院の人が
院長による卒業式。
その後看護部長からのお話。

1時間半もかかり、腰が痛くて倒れそう。
そして乳房マッサージ。
その後、お部屋で昼食です。
今日はうな重で
昼からこんな贅沢いいのかしら♪と感動です^^

授乳の時間になり、出発!
帰宅するとひろちんとエレナが病室にいました。
明日退院出来そうと伝えると喜んでました。
傷が痛いのか収縮の薬が原因か
まだ痛いので少し心配。

そして、入院になってしまった為、
外構工事の打ち合わせが途中になっていたので、
病院に来て打ち合わせの続き・・・
まだ傷が痛むし、あまり話せずひろちんにお願いした。

「お疲れのようですね」
と言われたが、当たり前だっつのー!!!
手術してるのだから。

そして午後はのんびり過ごして夕方友達の
あやがお見舞いに来る。

色々語って、夜18時過ぎに母が到着。
明日ひろちんは仕事なので母と交代。

なんだかこの入院生活はみんな疲れてて、
ひろちんも仕事しながら
エレナを見て神経使ってるだろうし、
母もなかなか休めない仕事を休んで
一日中エレナと遊んだり
疲れてる様子。
私も傷口が痛く、
何も出来ないことに悩んだり・・・
みんながみんな疲れてて、
早く退院したいと強く思った。

今日は、夜食も食べず寝る事にした。
明日が楽しみです。
【EDIT】 |  02:52 |  二人目妊娠記録  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2006.10/09 (Mon)

入院8日目

入院8日目

今日は、抜鋼の日。朝6時からの診察で内診。
そして1つずつ金具をはずしていく。
ブチっと音がしてチクっとした痛み。

15個くらいの金具をはずしました。
傷はとてもきれいと誉められる。

朝からインターネットをやってみました。
入院してから個室だし、
一人ベットの上でテレビを見てるだけの日々で
何かと入院生活は、精神的にも悩んでばかりなので
新生児室の隣に
インターネットコーナーを昨日発見してたし、
久々開いてみた。

そしてまとめて今ブログの内容を下書きしてます。
診察後、朝食を食べて授乳。
その後ネットをやろうと開こうとしたところ
「乳房マッサージ来てください」
と声をかけられる。
なかなかネットが出来ないな~~・・・

マッサージでも母乳は結構出ますね~~
と誉められる^^

入院生活をパソコンで保存していたら
あっという間にお昼の時間!
この病院昼食は11時からで、
過ぎちゃったのですぐ部屋へ。

ご飯は届けられていた。
しかし入院生活はロンリーだけどちょっと女王様気分。
個室でテレビもベットも冷蔵庫もトイレもついてて
ご飯は運ばれてくるし、育児もお休み・・・って感じ。

カレーライスだったので全部食べる。
13時、セイナがお部屋へ☆
今日から14時半までじゃなくて延長できるので
17時50分までお願いした。

ひろちんとエレナと父と弟が一緒に来た。
みんなでセイナの事
「小さくて可愛いな~~」
と感動して抱っこしまくってた。
その後、ひろちんとエレナだけ残して
父と弟は帰宅。
優雅に部屋でゆっくりした時間を過ごした。
だけど、やっぱり家じゃないし、
遊びたがるエレナは病室が嫌い。
個室とはいえ、
狭いしすぐ外に出て遊びにいこうとする。
それを追いかけるのにひろちんも疲れるし、
私も心配で仕方がない。

エレナは病院が嫌いで
しかも私が着ている病院の浴衣姿も
嫌いな様子。
なんだかいつもと違うって感じだし、
今日は、ひろちんにセイナを見てもらい
エレナと散歩に病院内をウロウロしてみた。

まだ傷口が痛く、走る事はもちろん出来ないし
あまりエレナの為に
動く事が出来ない自分が悲しくなった。

眠いときは私じゃなくちゃ駄目だったエレナだけど
今日は夕方、眠すぎたのか椅子から転んで大泣き。
その時、ひろちんに泣きながら抱きつきに行ってた。
その姿を見たとき
なんだか急に寂しくなり
「あ~、エレナはもうママの事忘れちゃったのかな・・・」
なんて産後ウツなのかまたセンチメンタルになる。

そして2階に、病室を出ようとすると
エレナは自分も行くと私の後を泣きながら追ったけど
1人で部屋を出る。
戻ってくるとひろちんの胸で寝ていた。

なんだかエレナはこの入院中
随分大人になったというか
この何日間でママがいなくても
平気になったのかな・・・と感じて
ブルーです。
だからといってすがり付いても
何一つしてあげれるほど完治してるわけでもない。。。

帝王切開なので術後入院は10日間。
とても長く最初のうちは、母に仕事を休んでもらって
エレナの面倒を見てもらったけど
最近は、3連休でひろちんに頼み、
もう見てもらえる人もいないし、
入院を一日早く退院させてもらえないか
看護士に聞いてみた。

明日の診察で先生から傷の具合によって
許可が出るか、聞いてみてほしいとの事。

でもエレナが全然平気そうな姿を見てると
まだ傷口も傷むし、
1日早めないで通常でよいかな・・・
という気にもなってきた。

ひろちんは「早く帰ってきてね」と言ってくれるが
エレナもメチャクチャ疲れさせて寝かしてるらしく、
疲れてる様子。

「別にお前がいなくても
エレナは元気に平気だよって言ってたジャン?」
と聞くと
「それはお前を安心させるため」
と言ってたが、そうかな・・・
なんだか本当に平気に感じるが・・・??

エレナも寝たので姉妹で写真撮影

200610092228000.jpg


エレナがメチャクチャ大きく見えます。
でもセイナにミルクやおっぱいをあげながら
エレナの時がメチャクチャ懐かしく感じてます。
大きくなったな。。。と本当に感動。
やっぱりよく似てるね♪

17時50分にセイナを
ベビー室に連れて行き授乳。
ひろちんはその間寝ちゃってるエレナを抱っこして
待っててくれたが
帰宅していった。

最初はお泊りをしてくれてたけど
最近は帰ってしまう事も少し寂しい。
まあ、泊まってもエレナが
個室の病院が嫌がってて大変なのは
よくわかるからいいんだけど、
20時半からまた授乳。
その間、部屋に戻るのもなんだか寂しく
ネットコーナーで入院生活を
記録中です・・・

今日から点滴等は無くなり、
1週間抗生剤、収縮剤、胃薬の服用です
【EDIT】 |  02:47 |  二人目妊娠記録  | TB(1)  | CM(0) | Top↑

2006.10/08 (Sun)

入院7日目

入院7日目

朝5時半 起床
朝からいい便が出ました。

本当朝の早い病院で朝の弱い私は泣きそうです。
6時頃、診察室へ行くと沢山の妊婦さんが!!
お産で有名な病院だけあって20人以上はいる。
これはもう少し後に来ようと思う。
今日は1階まで降りてきたので
このまま半分寝ながら順番を待つ。
昨日の夜中のひろちんとのケンカで
眠くて仕方がない。
4時間しか寝てないんだもの。。。

順番が来て先生に傷口を見せて
「はい、綺麗だね~~」と言われ
今日は内診なし。

そのまま部屋に戻る。

眠くてボーーっとする。
今日は、マイホームの方も無事完成して内覧会です。
とっても楽しみだけど
ひろちんの昨日の誠意になんだか泣けてくる。
あんなに楽しみにしてたのに、
二人のベビーを産んで
手術だから傷も痛く、
楽しみだった日に参加できないと言うのに
ひろママとエレナと3人で
楽しく内覧会に行こうとしてるのだもの。
しかもひろちんから誘って...
そりゃ早く親に見せたい気持ちは分かるが、
私だって一番に見たい気持ちでいっぱいなのに・・・

産後ウツでもあるのか結構ブルーになりやすく
とりあえず何も考えずに寝ることにした。

少し寝たのだろう。
名前を呼ばれ起きる。

とにかく早朝からバタバタしてる病院なので
眠くて仕方がないのに
すぐトントンと人が出入りばかり。
個室なのにあまり意味がない...

「点滴です~~」
「血圧はかりにきました~」
「体温何度でしたか~」
「シーツ交換です」
「お掃除に来ました~」
「ゴミを取りに来ました~」
「おやつです~」
「ゴハンです~」
「お茶のおかわりいかがですか~?」
ふ~~~~~

このように朝からバタバタと
人が入ってくるため
泣きそうです。
結局長い間寝ることは出来ず
午前中はほとんどポーーっとする。

今日で出産後5日目なので
授乳も始まっており、
3時間に1回ベビー室へ行くことになっている。
今日もベビー室に朝から行ってセイナに授乳~~。

朝から授乳マッサージもあり、
ピューっと出るので
「おお~~、いい感じだね~」
と看護婦さんに褒められる。

おっぱいもすごく硬くなり
痛くないけどちょっと腕とか当たると驚くほど硬くて
怖くなる。
乳首が吸いにくいらしく、
セイナはうまく吸ってくれない...

ひろちんは、
結局内覧会は一人で行くことにしたらしい。
ひろママは楽しみにしてカレーまで作っていて、
ひろちんはひろママ宅へエレナを置いて
カレーを皆で食べて出発した様子。

お昼過ぎになっても何一つ連絡がない。
14時から内覧会。
昨日のように道が混んでたとか、
間に合わなかったとかあったら
困るのでムカツクけど電話した。
すると
「今向かってるよ~」など言ってる。
「どこに?」と聞くと
「おうちに決まってるでしょ?」と言うので
「エレナは?ひろママ宅に言ったの?」と聞くと、
「もうエレナをひろママ宅へ置いてカレー食べて一人で
車で向かってるよ~~」と言ってきた。

ね~~~~~
そこまで進んでるなら
なぜ一言も朝から連絡くれないの??と
怒るとまた涙がポロポロ・・・
なんだかカナリ涙もろくて小さいことでイライラして
私の様子も自分で不思議なくらいおかしい。
精神的にも神経が細かくなってると言うか・・・

内覧会で出来上がってる家を
写真とって驚かせようと思った。
など言っていたが、
そんな14時過ぎまで何一つ状況も伝えてこないで
いきなり14時にメールが来ても
私の怒りはあふれていたような気がする。
気持ちもなぜかナイーブになってるので
家も大事だけど
今は、マメに気にかけて
エレナの状況や連絡をくれてることが
何より嬉しいのに。。。

泣きながら文句を言ったのでその後は
「今渋滞中」とかくだらない内容まで
入れてくるようになった。
なんだか私に言われて行動してるだけで
全然嬉しくない。
私的には何も言わなくても心配してるだろうと
ひろちんが感じて
行動取ってくれるから嬉しいのに・・・

そんな感じで泣いてるとママ友のあきこが病院へ☆
なんだかダンナと子供と移動中に
病院の前を通ったので
少し寄ったとのこと。

セイナが部屋に来るのは13時。
10分前にきたので少し見ていけば?と言ったが
ダンナが下で車を止めて待ってるので
すぐ帰ることに。
一度病室を出て行ったが靴を忘れたみたいで
戻ってきたあきこ・・・
するとセイナがお部屋へ来た。
あきこは少しセイナをダッコして帰宅。

今日のセイナです。

P1010072.jpg


オメメがパッチリ二重ですが、目をちゃんと開けると
二重が消えちゃいます・・・
上の写真のように目を開ける瞬間までは二重なのに~~。

セイナさん、本日は少し機嫌が悪くグズってます。
だからちょっとオッパイを吸わせてみたりした
(いいのかしら・・・)
そんな感じで14時半になり
セイナはベビー室に戻る。
明日からもっと長くお部屋に入れる。
明日は祭日なので17時50分には戻ってしまうが
平日は20時30分まで一緒に入れるらしい。
希望の方は早朝5時30分まで平気みたい!
5時30分までは寝れなくなりそうなので
20時30分までは一緒にいたいな。

ひろちんは、内覧会の様子の写真を送ってくる。

image.jpg


無事に素敵な家が建ってる!!
感動です。でも携帯なのでよく分からない・・・
早く実物を見るのが楽しみです。

その後、ひろママ宅へエレナを迎えに行って
病院へくる。
本当連休で道が混んでるらしく着いたのは17時半過ぎ。
夕飯が17時からで待ってたけど来ないので17時半に食べ始める。
でもすぐ授乳の時間になってしまい、結局半分以上残した。

そんな中ひろちんとエレナが到着。
ひろちんは、「新生児と父親の面会」に顔を出し
セイナと対面しました。

そして次の授乳の時間にひろちんとエレナは家へ帰宅。
最近エレナは病院が嫌でしかも慣れて来たらしく
ひろちんと一緒に早く帰りたがる。
「バイバイ」と私に手を振る姿は何気に寂しいです。。。
今日はとにかく眠いし、
考えすぎてたのもあってカナリ頭も痛いし
授乳後、シャワーを浴びてすぐ寝ることが出来た。
【EDIT】 |  02:40 |  二人目妊娠記録  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2006.10/07 (Sat)

入院6日目

入院6日目

今日から朝診察するため1階へ自分で行く。
診察が朝6時前からなので本当はやい...
部屋に電話が鳴り
「今日から診察ありますので1階へ来てください」
と遅いので呼ばれる・・・

体重と血圧。
体重はどのくらい減ったかしら。。。
なっ!なんとっ!!!
7キロしか減ってない!!!

15キロも太ったのに・・・
少しずつ戻していかなくては・・・

内診も怖いな~~・・・
臨月のときの内診をするのかな~
子宮を切ってるのでもっと怖いよ~~。
とビビってると
臨月のときの内診とは違って
なんか器具みたいので子宮の中を見る様子。

少し「う~~」って感じだったけど
特に臨月のときの内診ほど痛くなかった。

そして部屋に戻り7時朝食。
今日からは朝から通常の普通食。
待っていた日がやっと来たような気がした。

今日は、ひろママが赤ちゃんを見に来る。
ひろちんが車で迎えに行って来るらしいが、
名前のこともあるし少し気が重い。
朝から連絡がないので私からひろちんに連絡する。

赤ちゃんが部屋に入れる時間は13時から14時半。
その間しかダッコなど出来ないのだ。
ひろママが来たってその時間までに来ないと見ることしか出来ないので
遅れないようにと何度も伝えてるのに、全然連絡がないため
まだ寝てるのかと電話してみる。

すると普通に起きてる。
「洗濯してる~」などのんきに言ってるけど時間は10時。
「13時までに病院に入らなくちゃだから
迎えに行くなら早く家出ないと
間に合わないよ!」と伝えるが
「大丈夫だよ」
など本当のんき。
その、のんきな態度にイライラ・・・

今日から授乳をあげる為ベビー室へ行く。
ママ友あゆも来るといってたし、
フットマッサージがある日なので
時間が重ならないように
スケジュールを組んでるのに
その後なんだ電話しても出ない。
「どうするの??来ないなら来ないで別にいいよ」など
メールを入れると少しして連絡が来る。
エレナの支度して洗濯してたらしい。
11時半現在まだ家にいる様子で
間に合わないとしか思えない。
結局その後連絡があったのが授乳に向かう寸前の12時。

12時なんかに家を出てひろママ迎えにいって
病院に来るならどう見ても
13時までに間に合うわけが無い。
かなりイライラが増してきた!!
授乳を済ませ部屋に戻り13時10分前、
ひろママから電話。
「まだひろが来ないんだけど...」
その言葉を聞いてまたまたムカツク。
13時になる10分前でまだひろママのところに
到着して無いなら絶対病院間に合わないジャン!!
その後全然でない電話をようやく出て
「道が混んでるんだ、今急ぐから!」と言う。
もう本当むかつきすぎて、
だから朝からずっと連絡してるのに
何なの???
しかも
「ヤベー~~もう少し早く出ればよかった。本当ごめん」
みたいに反省した態度をとる人じゃないので
またまたムカツク。
「しょうがね~~だろ」
みたいな人だから。。。
そのまま13時になり赤ちゃんが到着。
ずっとダッコをして来るのを待つ。
赤ちゃんはずっと寝てるのでただ待ち続ける。
高速でおいでとも言ったが下からの方が早いとか言って
結局着いたのは赤ちゃんがベビー室に戻る寸前!!!
ひろママがご対面した瞬間
「赤ちゃんを連れにきました~~」と看護士が来る。
ひろママは一瞬ダッコして
「あら~~、可愛い、ひろちんの小さいころにそっくりだわ。
あらっ、この子はちゃんとした二重だわ」など言って
褒めまくっている。

そして赤ちゃんはベビー室に戻っていった。
結局はひろちんがルーズで
ひろママはその一瞬抱っこするために
病院へ来たのと同じ状況...

そしてすぐ授乳の時間になり、
2階へ。
授乳後、ママ友あゆを発見!
新生児室の前の待合室にいた。
可愛らしいお祝いを持ってきてくれて
少し語る。

ひろママは車椅子を置いて
杖で来たので疲れたらしく
ひろちんに送ってもらって帰宅。
その後、フットマッサージをして
お風呂に入って部屋に戻る。

ひろママに無事に着いたか電話すると
「エレナとはまた全然違う顔立ちだね。
ひろちんの小さいころにそっくりだよ。
目も二重だったしね」
など喜んでいるがなんだか
エレナの事をブスと言ってるように聞こえるのだが...

「エレナにも似てますよ。」と言うと
「そりゃ~、似てるけど顔立ちが全然が違うわ」
など言ってる。
そして
「明日、マイホームの内覧会なんでしょ?
お母さんも家を見たいから
明日ひろに連れて行ってもらって、
見てくるから」
と嬉しそうに言う。

内覧会は、私が設計して外観も間取りも決めたので
ものすごく楽しみにしてた。
だけど赤ちゃんを産むために
入院期間と重なり参加できず残念だったけど
それをひろちんとエレナと3人でひろママと
行って来るようだ。
ひろママは内覧会に行けて嬉しそうだし
しかもひろちんから誘ったらしく
私はなんだか寂しくなった。
工事中ずっと見てきてたマイホーム。
入院前日にも見に行った。
早く足場が取れるのも完成の姿も
見るのを楽しみにしてた。
はじめてみるのは家族4人で見たかったが
入院中のため泣く泣く見れないのにひろちんは
ひろママを誘って私の役割を
ひろママがしようとしている。

なんだかすごく寂しくて
入院中でブルーになってるからなのか
そういう選択をしたひろちんに
残念な気持ちになった。
一番に私に見せてやりたいと思って欲しかったし、
私が少し文句を言うと
「分かったよ、一人で行くよ」
とか言ってるけど、
ひろママを連れて行くのが嫌なんじゃなくて
ひろちんが、自分で最初に
見に行くときは私に見せてあげたいと感じて欲しかった。
結局そんな感じで
今日は夜中の2時くらいまで電話でケンカ。
神経がピリピリしてるみたいで涙が出て、
今日は一人泣きながら寝た。
【EDIT】 |  02:37 |  二人目妊娠記録  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2006.10/06 (Fri)

入院5日目

入院5日目

なんだか台風がすごく雨がすごい。
記録的な大雨らしく
母が来てくれるはずだが今日は無理かな...と
心配になる。
ショーツとか持ってきて欲しいものは沢山あるが。。。

すると父が病院まで送ってくれるらしく
来てくれました。エレナにも会う事が出来て安心。

まだ傷が痛く立ち上がる時とか、体を置きあげる時は
とにかく一度酸素が半分になりフラーっとする。
その症状が苦しいです。
早く動けるようになりたいです。。。。
エレナの事も全然抱っこしてあげれず本当可愛そうな思いをさせてます。。。


ひろママからはこの苦しかった日々何も連絡が無いので
こっちからかけてみた。
「明日どうするんですか?」
と聞くと
「ひろが、迎えに来てくれるのでそれを待ってから行くね。
あっ、そうそう陽菜って名前ね字画が良くなのよ~」
との事。
「私たちが調べた限りだと悪く無かったですよ?
私もね、手術して部屋に着いたとたんお母さんからの電話で
字画が悪いと言われて、ひろちんは陽菜でいいじゃんと言ってましたが
私は死ぬ思いで産んで悪いと言われた名前は付けたくないし
陽菜はやめますよ。」
と伝える。
字画が全部じゃないし、そればかりに集中すると自分のつけたい名前は
つけられない。
なぜ普通の家庭のように両親で生まれてきた子供の名前をつけて
皆に報告・・・と幸せな形にいかないのだろうか・・・
誕生を喜び、名前を決めてもそのように却下になってばかりだと
本当悲しいものがある。
「お母さんね、エリちゃんがいいと思うの。つぐみちゃんとか・・・
ほかにもいっぱい考えたから明日持っていくね」
と言われる。
何で私がこんな痛い傷と戦いながら産んだのに
ひろママが考えるの??と不思議に思う。

「昨日の夜、ひろちんが3時間くらい色々調べて名前を決めたらしいですよ」
とつげると
「何?字は?どうやって書くの?」
と早速調べようとしている・・・
は~~~・・・また何か言われるのか・・・
せっかく無事に決まったのに・・・

少し気が重くなる。

私の母には今日まで大変な思いさせちゃったけど
明日から3連休。
ひろちんがいるので大丈夫と伝える。
お疲れ様でした。

ひろちんは夜エレナを迎えに病院に来て帰って行った。
エレナは、病院が嫌いらしく、家の方が落ち着くみたい。
今日ははじめてのパパとの二人きり。
【EDIT】 |  02:33 |  二人目妊娠記録  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2006.10/05 (Thu)

入院4日目

入院4日目

今日は、だいぶ痛みも楽になってきた。
点滴は相変わらず続き腕は青あざだらけ・・・

だけどエレナの時よりは本当に回復が遅く少し心配になる。
体を置きあげる時、やっぱり呼吸が少し苦しく
ハ~ハ~言ってしまう。
酸素が少なくなるって言うか、その症状にも不安を感じる。

今日は朝からお腹がピキピキしてる。
ガスが運動してる感じ。
このボンっとお腹の中で泳いでるガスが本当に痛い。

だけど腸を泳いでる感じで
肛門近くで空気の入ってた感覚が消える。
なかなかガスが肛門から外に出ない。
この症状が辛くて泣きそう・・・

おしっこもまだ管が入ってた炎症もあり
メチャクチャしみるし、残尿感がすごい
少しずつ直っていくのは分かるがまだ辛い日です。

お昼過ぎにようやく小さなガスが出て
夕方には大きな気持ちよいガスが出た。
これで安心・・・
気持ちが少し楽になる。
ひろちんがエレナを連れて病院へ。

ベビーの名前、何にしよう。。。
二人で決めて
陽芽菜(ヒメナ)にする予定だったけど
字画を二人で調べた結果、ひろちんもあまり
いい感じじゃなかったらしくまた違う名前を考える事に・・・
どうなるのだろう。。。

P1010066.jpg


200610051450000.jpg


夜は、重湯が夕飯だった。
明日は一日お粥か...

シャワーに入りました。
昨日から入れるはずが、とても入れる状況では無く
今日は頑張ってシャワー室へ。
まだ怖くて傷口を見ることなく体を洗う。

ママ友の瀬間チャンも無事に女の子を出産と連絡が入り感動!
瀬間チャンとは、エレナを出産した病院でお友達になったけど
上の子も2日違いの誕生日でなんと下の子も2日違い!
結構すごい事だと感動してます!!

夜、ひろちんは名前を色々調べて考えたらしい。
3時間くらい悩んで決めた名前
聖日菜(せいな)に決まりました。
またひろママが何か言って来るのでは・・・と心配だけど
パパであるひろちんがつけたのだから
きっと幸せな子になれると思ってます。

エレナの漢字は
瑛月菜
普通に読むことが出来ない。
今回の子も女の子なので今度は3文字じゃなくて
2文字(リサちゃんなど)が良くて今度は誰でも読める漢字の子が
良いな~って思ってたけど
今回も普通に読めません。。。

でもひろちん的には姉妹だから助け合って生きていってほしいし
合わせた名前が良かったらしく
考えまくって決めた名前のようなので私は良いと感じました。
どうしても太陽の「陽」を入れたがってたけど
うまくエレナと合わせて、字画も良くて・・・は難しかったらしく
エレナの「月」に合わせて「日」にしたみたいです。
【EDIT】 |  02:18 |  二人目妊娠記録  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2006.10/04 (Wed)

入院3日目

入院3日目

昨日夜から2時間ごとに激痛で目が覚めて
痛みと戦い、痛さのあまりにフ~フ~とかハ~ハ~と声が出る。
右も向けず左も向けず痛さのあまり酸素が足りなくなり
酸素マスクをしてもらう。
痛み止めを肩に打ってもらうが全然効かず
効かないんだけど眠りがやってくる。
そして寝るのだが、痛くて2時間後には目覚める。
そしてまた「痛み止めを~」ナースコールするが
最低でも6時間は空けなくていけないらしく、
21時半に打ったのでそれからも少し寝たが
24時前には目が覚めてしまい痛みと戦い、
深夜3時、ようやく痛み止めを打ってもらう。
効かないのは分かるけど早く寝たい。
そして眠りがきてまた寝る。
しかしまた朝の5時半に痛さのあまり目が覚めて
1人ヒ~ヒ~苦しむ。
痛くて涙も出てくる。

エレナの時より、傷の痛みや後陣痛がつらくて
二人目のほうがつらいと聞いてたしネットでもよく書いてるので
覚悟はしてたけど本当に痛い。
しかも2度も切ってるのでその事も不安でとにかく
こんなつらい夜は無いと言うほどつらい夜でした。

朝が来たけど相変わらず痛くて、看護士に
「体、横向いていいですか?」と聞くと
「いいですよ~~、自分で出来るなら」
と言われ本当冷たい。
手伝ってくれても良いと思うが・・・
エレナを出産した時は、術後16時間で歩いた。
っていうか階段まで上って自分で移動した。
尿管をはずしてほしくてしょうがなかったので・・・

でも今回は、朝時点で20時間経過してるが歩く自身すら、
座る勇気も無い。
午前中から点滴をずっとして痛くて体の向きを変えたり
頑張る。
同じ体制で苦しんでるので背中や腰、おしりがめちゃくちゃかぶれて
痒いし体制を変えれないのでそれもつらい。

看護士に
「いつになったら尿管はずしてもらえるんですか?」
と聞くが
「点滴が全部済んだらね~」
と言われ、どうにか10時ごろまでに済んだのに
なかなか来てくれない。
尿管が突っ張った感じで本当動けない。
横向きたい、体が痒い・・・
待っても1時間経ってもなかなかこない。
その待つ期間もイライラが頂点に・・・

そしてやっときて、はずしてくれたが
看護婦が雑な人で、体を拭いてくれたが
めちゃくちゃ力を入れてゴシゴシ!!
傷に響いて痛すぎて倒れそうになる。
「あ、ごめん、私雑だから」とか言われ
私が立つときも手伝ってくれるが無理やり体を起こすので
傷口が裂けそうで叫び声が出る。
本当乱暴で自分でやると言ってゆっくり自分で立つ。

初めて立ったときはびっくりするくらい痛くて座りたい・・・
でも座るとやり直し・・・と泣きたいくらいつらかった。
体を拭いてくれた後着物を着せてくれるんだけど
それも思いっきりギュッギュッっと紐を結んだり
振動で痛くて痛くて
「痛いんで、自分でやります」と言うと
「いいのよ、やってあげるから。あなた結構せっかちね」と言われ
「痛いんですよ。乱暴すぎるからよ!」と思わず言ってしまう。
「あ、ごめんね、私雑だから」
とか言ってきて本当むかつく看護士。

本日ひろちん仕事だけど、風邪の為昼から行く事にしたらしく
行く前に本当に苦しい状態なので
病院に寄ってくれる。
ゆっくり手を引いて起こしてもらって歩行の練習。
狭い個室を移動するのがやっとだけどフラフラしながらどうにか動く。
でもまた座って横になって立つときは戦い状態で頑張った。

管をはずしたのでトイレは自分で行かなくてはいけない。
エレナの時に経験してるから分かるけど
おしっこ本当に痛いです。。。
怖くてトイレ行きたくないけど行かなくては。。。
勇気を出しておしっこを出そうとすると
う~~~~~~~~!
痛い・・・膀胱が痛いし、まだおしっこ出てないのに出てる感じで
すっごくしみる。
しかも残尿管もすごくてひとりトイレでもがく。

母が来てくれる。
ベビーも病室へ13時から14時半まで看護士が連れて来てくれる。
でも痛くて全然抱っこしたり出来ない・・・
母が変わりに抱っこしてくれた。
早く抱っこしたりあやしたりできるようになりたいよ~~

P1010063.jpg



そんな感じで夜になり、ひろちんが病室へ。
今日は泊まってくれるとの事。
痛くて痛くて仕方が無かったけど夕方になってくると
確かに昨日の夜中のあの尿管入って横も向けなかった状態よりは
楽になってる。
楽と言うほどでもなく痛いけどそれ以上にすごい夜だったので。。。

ひろちんが新生児室に赤ちゃんを見に行くが、
私も行くと言ってひろちんの後をついて行く・・・つもりがひろちんは
歩くのが早く、私はノロノロ。
しかも急に2階まで歩いたので途中意識がなくなりそうな状態になり
フラフラしながらゼ~ゼ~して途方にくれていると、
ひろちんと合流。
安心するが合流してもまた部屋まで自分の足で戻らなくてはいけない。
本当つらくて、倒れそうになる。
呼吸も苦しいし、貧血のひどい状態のように
フラフラしてる。
ヤハリ術後1日で歩くのは難しかったか・・・
エレナの時より、回復が遅いような気がする・・・

今日の夜は昨日ほどの痛みではないがやはり横向くのはつらくて
ひろちんも泊まってくれたが、痛み止めを打ってもらって寝ようか悩んでるうちに寝てしまっていたようだ。

まだまだ傷は痛くてつらいです・・・
【EDIT】 |  02:08 |  二人目妊娠記録  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2006.10/03 (Tue)

入院2日目(次女誕生)

入院2日目

朝5時30分 起床

つっ!ついにベビーの誕生の日です。
朝から緊張で何も手につきません。
看護士もこの病院はあまり「安らぎ」が無くて怖いので
緊張もさらにアップ!
でも今更逃げられない。前に進まなくてはベビーにも会えない。

朝の診察で内診。
「う~~ん、1㌢弱だな」
やはり子宮口はぜんぜん開いてない様子。
内診の後、恐れていた浣腸!!!
看護士さんに
「今からこれを肛門に入れますから、その後トイレに行って
構わないからね~~」と言われ見せられた浣腸は
超大量の水!!!
えっ!ちょっと待って!!
私の想像してたのはもう少し小さいのだが・・・やめて!入れないで!
なんて思っても診察台で準備オーケーの私の体勢。
入れられるのは痛くなかったけどその後下痢のような痛みが・・・
うう~~~、漏れるといった感じですぐトイレへ!

思いっきりトイレで苦しむ!
半端ない痛みで前に手が伸びる。
朝便を出したので、もう水しか出ないのに
したい感覚が収まらず終わりの無い戦いって感じ。

痛い痛い痛い!!!!
冷や汗が出て呼吸をするのも苦しい。
浣腸ってこんなにつらいの??
それとも朝便を出したのも関係してる??
とにかくものすごく辛い時間をトイレで過ごし、
トイレが10個くらいあるんだけど誰か入ってきたら・・・
と気にはするものの止まらない状態で
一人ピーピー苦しむ。
少しずつ痛みも治まり、部屋へ戻る。

は~~、よかった・・・と思うがまだ戦いは終わってない。
これから怖い麻酔の注射とかが待ってると思うと
もうどうにでもなれ~と言った感じ・・・

昨日ひろちんが病室に泊まったのでこの辛さを報告。
母も病院へ着いた。

a:m 8:00
看護士が呼びにきた。
「麻酔の準備がありますので手術室へ来てください」
怖い~~~~!
その時の気持ちと言ったら本当硬直して不安で
助けて~~~と逃げたかった。
でもその後は赤ちゃんに会える!!
お昼には会えるよね・・・

病院の手術中に好きな音楽を聴けるので
CDをひろちんに昨日持ってきてもらったのを手に持って
手術室へ。
ひろちんとは歳が7こも離れてることもあって
全然知らないアーティストのCDを持ってこられて心からむかついて
開いた口がふさがらない状態だったが
「いい曲だから」
と言うひろちんの言葉を信じて汗をいっぱいかいてる両手で持って出発。

手術室に入り
「ここに横になってください」
ベットの上に横になる私。
上にはよくテレビでみるライト・・・
看護士は手術の服に着替えててマスクしてるし
怖いよ~~~。

エレナの時に経験したあののどが渇く辛さや吐き気
すごい状態だったのでそうなるのが怖くて
看護士にいろいろ聞く。
「赤ちゃんの産声を聞いたら寝かせてください」
と麻酔で寝かせてもらうようお願いしておく。
あの辛さはもう味わいたくないし、術後は6時間以上は
何も飲んだり出来ず、のどの渇きに苦しむのも覚えてるから
1分でも長く寝ていたい。

CDもかけてもらった。
いい曲と言っていたひろちんの言葉を信じたが
変な曲!!!!
時代を感じる・・・
看護士も少し不思議な顔。
違うんです、私が選んだCDじゃないんです~~!
と叫びたがったがそんな余裕は無い。

心が安らぐどころか全然意味不明の曲が手術中流れることに。
点滴をつけて、肩に注射。
この注射が唾液などの分泌物を押さえるのね。。。
まだ麻酔しないなら打つのも待ってよ~~~。

今からのどの渇きに耐えなくてはいけないの??
心電図など準備が出来たら先生を呼ぶ。

隣にある大きなデジタル時計が9時を回っていた。
ドキドキドキドキ・・・・・

先生到着。
ひえ~~~~~。
「さぁ~、横向いてね~~」
と裸でとても情けない格好をする。
エレナの時は尿管もささった状態で裸で注射をしたので
もっと情けなかったが、ここは麻酔をした後
尿管をさすらしく麻酔が効いてる間なので
痛い感覚は無かった。

麻酔の仕方もエレナの時とは違って
エレナの時は、注射を打っていたが、この病院は管を通して
背中に麻酔を注入していくやり方らしい。
何本も注射を背中にブスブス・・・
痛くて力が入る。
3本目あたりですごく痛くて動いてしまう。
「あ~~、ほら、動かないで」
と看護士4人くらいで私の体を抑える。
もうやだ~~~~!
と泣いてしまう(弱い母。。。)
その後、麻酔を肩から管で通していく。
何回も管に入れて通ってる間すごく背中が冷たい。

少しずつ足先がじ~~んと熱くなり
麻酔が効いてきたな・・・
あ~~~これから切るのね・・・
怖いよ~~~~。

そして冷たいティッシュで
「ここ冷たい?」と効いてない部分を拭いて
「冷たいです」
「じゃ~、ここは?」
と麻酔が効いてる部分を拭いて
「う~~~ん、よくわかりません。。。」と答える私。
拭かれてる感覚はあるけど冷たいか・・・よくわからないよ~~。

そんなこんなしてる間、
「さ~~はじめましょうか」
そんな声が聞こえ、切りはじめてる様子。
怖くて看護士の手が近くにあったので勝手に握る。
「手を握っててもらっていいですか?」
一応許可をもらう。
そして看護士の手をつよく握った。
引っ張られたりおなかを動かされてる感覚が全てわかる。
何分経っただろうか

先生二人でいきなり私のおなかをドンドンと押し出した。
「赤ちゃん出るからね~~」と言われ
思い切りドンドンドンと押す。
そして引っ張られて

出た~~~!!!!!
「赤ちゃん見る?」
と聞かれ見たら血だらけで、あまり泣かない???
「え??なんで??泣くよね??」
小さく泣くけどそんなに大きい産声じゃない。
先生が管で水を取っていく。
そしてグジュグジュしてようやく大きな声で

おぎゃ~~~~~~~!!!

生まれた直後
↓↓
20061016015943.jpg



でかい!!!
先生が小さく見える・・・
↓↓
20061016015953.jpg


体重3384㌘ 身長51.5㌢
a:m 9:23
元気な女の子を出産しました☆☆

しばらくは、産まれて体重計のついた台に乗せられてる赤ちゃんを
ずっと見てました。
縫合などで20分くらいかかるようで10分は赤ちゃんを
私の横に連れてきてくれるのを待つことでどうにか過ごせた。
かけてもらってたCDが回ってしまったため
「どうする~?もう一度CDかける?」
と聞かれ、あっ!そんなものあったっけ?
本当意味の無いCDだった・・・
こんな苦しい思いをして産んでるのにCDも意味不明で
ひろちんのことを心からむかついた出来事だった・・・
「何かCDを持ってきてくれと主人に言ったら
こんな意味のわからないCDを持ってこられて・・・・
無いよりマシとつけてもらったけど、あっても意味無いと分かったので
もう結構です・・・」
と言うと大笑いしてる看護士。
「じゃ~、病院のCD聞く?」
と聞かれ少し期待して
「はい」
と答える。
しかし流れてきたのは
「大~きなノッポの古時計~♪」
と言う曲でこれまた必要ない曲流すなとイライラ・・・

赤ちゃんを横につれてきてくれる時には意識もなくなりそうなほど辛くなり
連れて来てもらってから
「お願いします、寝かせてください・・・」
そう伝えて点滴に薬を注入してもらい目をつぶった。

なんだかとても穏やか気持ちで過ごしてた様な気がする。
夢の中で過ごしてた中
「は~い、手術成功しましたよ~。起きて下さい~」
その言葉で目が覚める。

え???まだ手術後???
運ばれて手術室を出るのがわかる。
え~~?もう起こしちゃったの?
ちょっとしか寝てないじゃん!
出来ればもっと寝ていたかった。。。

え~~~ん、何も飲めない時間が長すぎる・・・

でもまだ意識ははっきりしてなくて
このまま寝ようと思えば眠れる。
でも外ではひろちんとエレナと母が待っていた。
そのまま病室へ。

まだ意識がはっきりしない中、
ひろママから電話。
「おめでとう~、よくがんばったね。ゆっくり休みなね」
と言ってもらえる。
その後ひろちんとなんだか話してる。
「どうしたの?」
とフラフラしながら聞くと
「陽菜って名前は字画が悪いからやめろ」だって。
私は、体中の力また一気に抜けた。
なんなの???
もう陽菜ってずっと思ってたのに出産後、まだこんなに苦しい中
いちいち縁起の悪い事言わなくても良くない?」
術後、意識まだはっきりしない中とてもいやな気分になった。
私が調べた中ではすごく良かった名前だけど
調べ方がひろママとは違うらしく
誕生の感動の日に本当悲しかった。
ひろちんは「いいよ、陽菜にしようよ、気にすんなよ」
と言っていたが、こんな辛い思いで産んでるのに
悪いと言われる名前をつけたくない。

結局寝ることは無く、麻酔が効いているため
話も出来る状況で過ごす。

昨日は、ひろちんとエレナが病室に泊まったため
エレナとは一緒に過ごしたけど
今日は明日ひろちんが仕事の為
エレナは実家へ。
離れて寝ることが無かったので心配だけど
我慢をして耐えるんだろうな~と胸が切なくなった。

夕方過ぎたあたりから少しずつ麻酔が切れてきて
子宮が痛い・・・
子宮の収縮で痛いのか傷口が痛いのか後陣痛か・・・
張り裂けそうなほど痛い。。。

ひろちんも母も皆帰って22時頃には結構痛みも限界で
痛み止めの注射を打ってもらう。
でも全然効かないで一人体も動かせず苦しむ。
同じ体勢で過ごす時間が長すぎて
腰やお尻辺りは汗で蒸れてただれた状態に・・・
でも体を動かすことが出来ず、おなかは痛いし
本当辛い夜だった・・・

痛み止めは効かないけど眠りはやってくる。
そのまま寝ていた。
でも痛さで目が覚める。
時間は日にちが変わって深夜0時。
痛くてナースコール。
痛み止めをお願いすると
「う~~~ん、22時に打ってるから2時ごろまで我慢してね~」
と言われ終わり・・・
本当冷たい看護士。

痛くて痛くてどうしようもない
眠ることも出来ず真っ暗な部屋で一人もがきまくる。
エレナの時もここまでひどくなかったが二人目は後陣痛が辛いと聞いていたが本当倍くらい辛いです。

体も動かせないので同じ体勢で腰は痛いし、ただれるし
本当地獄のように辛かった。
ようやく2時近く。
もう一度ナースコール
すると
「3時まで待って」と言われ
もう看護士たちに怒りがあふれ、イライラで1人悔し涙を流す。
痛すぎてやっとの思いで2時になったのにあと1時間我慢しろと??
夜がすごく長くて同じ体勢で痛みと戦った。
痛すぎて自然に声が出る。
フ~フ~言って痛みを逃してみたり、
そのうち呼吸をすることが苦しくなり、酸素マスクをしてもらう。
「ハ~ハ~」
ずっとこんな感じで時間が経つのを待った。
3時を過ぎてようやく痛み止めの注射。
肩にするんだけどこれがまた痛い注射だ。
手術前、またの注射もビビッテたけどそれどころじゃない。
楽に慣れるならこの痛さから逃げれるなら何本でも打ちますって感じ。
「6時間は打てないので、この注射を打ったら朝まで我慢してね~」
と言われる。

「すみません、横向きたいんですが、いいですか?」
と聞くと
「うん、いいよ~~~。自分で向けるなら」
と言って去っていった。
本当冷たい・・・
自分で体を動かせないからお願いしてるのに手伝ってもくれない。

結局痛み止めは効かず眠りがくるので気づいたら寝ていた。
しかしまた痛さのあまり目が覚める。
まだ朝5時。
もう先が真っ暗になった。。。
あと4時間、この痛みに耐えなくてはいけない・・・

朝もず~っとハ~ハ~言って痛みと戦った
【EDIT】 |  02:00 |  二人目妊娠記録  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2006.10/02 (Mon)

入院1日目(手術前日)

入院1日目



朝から母が我が家へ。

私も珍しく目が覚めた。今日は入院・・・

検診で少しでも子宮口が開いてきてれば自然分娩を挑戦するけど

変わらなければ本日入院で明日は帝王切開だ。

予定日超過して1週間。

ついにベビーに会える。

楽しみだけど帝王切開をすごく恐れていた。



緊張したまま、病院へ。

コンタクト、充電器など入院に必要なものを支度した。

病院へ着いてNST。

ベビーは元気だ。

そして内診・・・やっぱりまだ開いていなかった。。。



そしてそのまま入院することになった。

今日から10日間家に帰れないんだ・・・

病室を選んでくださいと紙を持ってくる看護士。



エレナを産んだ時は50万くらいかかったけど

なんだか保険がきくらしくすごく安い?

50万も払えば超VIPな部屋。



とりあえず、エレナが泊まる確率もあるので

個室でなくては・・・と個室で一番安い部屋は

トイレなどは共同。



トイレと洗面台が着いてる個室は着いてない個室比べて2~3万しか

変わらない。だったら帝王切開後にトイレまで行くのも辛いし

トイレも着いた個室へ。



部屋を案内されて驚いた。

なんだか贅沢してる気分?

ベットも上げ下げ出来るベットだし、なんでもベットから

動かず作業できるようになっている。エレナの時は3人部屋で

待遇が違いすぎる。

それなのに、この部屋のほうが安いとは。。。

ちょっと嬉しくなる。

嬉しくなるけど明日の手術はやはり怖い。



横に置いてあるベビーベット?らしきものを見て

「明日は、ベビーに会える。この部屋にあるベットに

ベビーが寝るのももうすぐだ」と

少し感動・・・



今日は、分娩室の台の上で剃毛。

すると隣の分娩室からものすごい大きな叫び声が・・・

妊婦さん、もうすぐ産まれるんだ。。。



「ぎゃ~~~~~~っ!!!!!」

とすごい大きな叫び声に

驚いた瞬間「おんぎゃ~」と聞こえた。



そんなに痛いのか????

自然分娩も超ビビル



産まれる瞬間より陣痛のほうが辛いとよく聞くが

産まれる瞬間のあの声、本当すごかった・・・



仕事が終わったら、ひろちんが病室に泊まりにくることになっている。

携帯も家に忘れたし、ひろちんを待っていた。

でも仕事の都合上、遅くなってしまった。



21時30分に面会の人は帰らなくてはならない。

本当に大丈夫か??と心配してると

ナースコールが。。。

「ご主人来てるんですが、面会時間も過ぎてるので

病室には、入れれませんがお子様いらっしゃるんですよね?

お子様を連れて帰るとおっしゃってますが。。。」

と言われ、

「えっ!やはり入れないの?」と不安になる。

エレナは今私の手元にいるけど、エレナも帰っちゃうんだね・・・

一人ぼっちになることが急に寂しくなる。

でも時間外だし、エレナ1人は泊めれないので

「分かりました。」と伝え、看護士がエレナを迎えに病室へ。

エレナは看護士を見て大泣き。



叫びながら泣いて看護士に抱っこされながら連れて行かれた。

その叫び声は廊下にすごく響いてて泣き声を聞くたび

涙がポロポロ出てきた。

荷物を持ってきてくれたらしく、携帯も入ってるし

それはあとで看護士が届けてくれるとの事だったけど

なかなか届けてくれない。



今日は泊まるはずだったのに、それが無理になり、

急に孤独を感じて明日の手術も怖くて頭の中がパニックになる。



「落ち着け」と自分に言い聞かせ

荷物を待つが届けてくれないので

ナースコール



「ちょっと待ってください」

と言われ、少しして、部屋の扉が開く。



するとひろちんとエレナだった。

「入れたの?」

と聞くと、婦長さんが来て

今回は特別に入れてくれたみたい。

「泣いてただろう?」と言われる。



エレナを産む時、陣痛で苦しんでたけど

ひろちんが帰宅することになり

手を振った後、1人で涙があふれて泣いてたのをひろちんは

鍵を忘れて戻ってきた時見てたので今回も

このまま家に帰ったらまた私が泣いてると思ったらしい。



明日、手術で怖いけど今日はどうにか乗り越えられそう。

パニックになった頭も少しずつ冷静になってきた。



いよいよ手術です。

明日、ベビ-に会えます。

妊婦生活は今日までか・・・
【EDIT】 |  01:56 |  二人目妊娠記録  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

2006.10/01 (Sun)

予定日超過5日目

今日で予定日超過5日目。
一人目帝王切開の私だけど二人目は普通分娩(VBAC)に挑戦するつもりだった。

だけど、前回の検診でも言われたがVBACの出来る環境が整ってないとの事。
赤ちゃんは下がってきてないし、子宮口は堅く開いてない。
予定日超過で赤ちゃんは大きいし、誘発剤等を一切使えないため
バルーン等の器具は使えても、前回のお産も予定日超過10日目に陣痛が来て、でも子宮口は開かず緊急の帝王切開のため
今回も難しいとの事。

先生にお願いして、本日まで自然に陣痛が来るのを待ってみたけど
まだ来ない。
明日の検診でまだ前回の検診と同じようだったらそのまま入院となった。
私の体は、子宮口がなかなか開きにくいらしく、
エレナの時もそうだけど結局予定日過ぎてもずっと変わらない様子だった。
普通のママのように陣痛が来て…と生まないのかと自分が情けなくなったり涙が出てきたりとしたけど、
VBACは子宮を切ってるのでリスクもあるし、
きっと安全に産んだほうがよいとベビーちゃんや神様が言ってるんだと前向きに考えるようにした。

けど、ヤハリ前回の帝王切開でカナリきつい思いをしたので
今回もカナリビビってる。
っていうか、前回は陣痛の痛みもあり
体も興奮状態だったけど今度は予定なので尚の事怖いです…

二人目のほうが後陣痛もキツイと言うし
色々考えながら、昨日は深夜2時に寝た。

…けどエレナが朝5時に起きて私も起きる。
入院後のエレナも心配だし、赤ちゃんが無事に生まれてくれるかも
心配だしピリピリしていた中でエレナは、テーブルの上でお花を倒したり
薬をあけたりイタズラ…
イライラして
「コラー!!」と怒鳴る。
エレナはビックリして大泣き。
なんだか自分の精神状態が不安定とはいえ、エレナに八つ当たりしてるような気がして自分自身にイライラして涙が止まらなくなった。
エレナの泣き声と共にキッチンで一人あふれる涙をこらえ切れず泣いていた。
ひろちんは、いつもエレナを私にまかせっきりなので
エレナは私じゃなくちゃ夜はダメになってしまったし、
だからこそ入院した後を心配してるのだから
明日入院と分かってるんだし、前日くらいもっと夜とか助けてほしいのに泣き声が聞こえてるはずなのに私任せでそれも本当にイライラした。

昼過ぎ、眼鏡を買いに行った。
明日から入院。私は目が悪く視力は0.05など0.1無いのだ。
エレナに2度も眼鏡を壊されずっと無しだったけど
入院前に修理に出す。

そしてボロボロの靴しかないので靴も買う。

その後、ひろママ宅へ、入院前に顔を出しておきたくて出発。
家に帰り、部屋を掃除してイヨイヨ明日入院です。
現在も陣痛は来てません。

エレナが鼻水出てるので少し心配です。
【EDIT】 |  01:15 |  二人目妊娠記録  | TB(0)  | CM(4) | Top↑
 | HOME | 

WELCOME

BIRTH

超音波写真

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

カレンダー

最近の記事

ブログ検索

リンク

月別アーカイブ

RSSフィード

MAIL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。